FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

湯の峰温泉 つぼ湯のところの 「湯筒」

すでに行ったことのあるブロ友さんのコメントの中にちらほら出て来てますが
こちらの温泉のもう一つの楽しみは
この湯筒です。

mDSC_9166.jpg
共同浴場前の橋のたもとを河原に降りていきます。

DSC_0909.jpg
ここには90度以上の源泉が湧いていてここで色んな食材をゆでて食べることができるんですよ(^O^)/

さっそく道路の横にあるVショップでお買いもの~
mDSC_9172.jpg

o0800045013835028822.jpg
市場価格よりちょっとお高いですが、この周辺のお土産物やさんの中では一番安かったんじゃないかな。

5個150円の卵を買って湯筒に戻ります。

mDSC_9174.jpg
買って来た卵、ちゃんと網に入って紐が付けてあります。
これをお湯に挿入、いや投入
ここの木枠に紐を引っかける釘があるんですよ。

DSC_0968.jpg
卵で約10分、さつまいもはさっきのお店で1時間って書いてあったので
さつまいもなら温泉に入る前にセットして行った方がいいかな。
トウモロコシは30分だったかな?

待っている間に
DSC_0911.jpg
湯筒の横にいらっしゃる温泉地蔵さんに

DSC_0910.jpg
子宝にもご利益があるそうですよ。

DSC_0969.jpg
湯筒から見たつぼ湯です、ほんとに川の中にあるでしょ。

ネットで調べてたら、湯筒のお湯が流れ出す川に入浴してる強者もいましたよ(>_<)

DSC_0971.jpg
さあ、そろそろいいかな~

お湯からあげて横の水道で冷やして、
さあ食べましょう(*^_^*)

って

あら、出来上がりのゆで卵の写真撮り忘れた(+_+)
黄身が半熟でばっちり美味しかったですよ~

ちゃんと卵買ったら塩も付いてました(^O^)/

DSC_0974.jpg
残った3個は今晩のおつまみにしようかな~

tag : 湯の峰温泉 つぼ湯 湯筒 ゆで卵

湯の峰温泉 公衆浴場&くすり湯

つぼ湯を楽しんだ後、番号札を公衆浴場の受付に返します。


つぼ湯の入湯券には、もう一つここの公衆浴場か奥の「くすり湯」にも入れる特典が付いてます。

ここは迷わずくすり湯を選択
まあ当然男女別浴ですが。
DSC_0956.jpg
先に一人入られてたのですが、あがられた後に撮影しました。

DSC_0958.jpg
ここのお湯は源泉100%で水を混ぜずに温度を下げ湯船に注がれています。

DSC_0959.jpg
ですから、出湯口には湯の花が付着してますね。
お湯の中にも湯の花が浮かんでました。

DSC_0961.jpg

DSC_0962.jpg
女湯から出てきたみ~ちゃん
温まったのでパンスト脱いで素足になってますね。

ここのくすり湯のホールの奥に貸切家族風呂があるのですが、鍵がかかってたので見れませんでした。

つぼ湯に入っちゃえば貸切なので、ここは必要ないでしょうが
お年寄りを介護しながらとか、3人以上になると、こちらの貸切を使う必要がありますね(*^。^*)

そして手前にあった公衆浴場の方は、温泉に水を混ぜて適温にしているそうです。
こちらの公衆浴場はシャンプーやせっけんが使用できるんですよ。

あ、くすり湯での洗髪、洗体は禁止ですよ。

しかし、つぼ湯は水でガンガンうめているので、要は公衆浴場と同じなんですけどね。

最後に、なぜここがくすり湯と名付けられたかと言うと。
前に書いた小栗判官の物語の中で閻魔大王が
餓鬼阿弥の姿となった小栗の胸に『この者を熊野の湯に入れてくれるなら、浄土よりも薬の湯を送ろう』と書いた札を付けた。

この浄土から送られた薬の湯が由来となりますね。

tag : くすり湯 湯の峰温泉 つぼ湯

湯の峰温泉「つぼ湯」2

DSC_0927.jpg
さあ温泉に入りましょう。
温泉の横で脱衣です。

DSC_0928.jpg
温泉の中にも小栗判官のお話が書いてありますね。

脱衣かごが三つなので定員は3人かな。
DSC_0929.jpg

DSC_0931.jpg
いざ入湯
今日のお湯の色は乳白のブルーですね。
このお湯の色は、天候や時間によって変わるそうです。

そして、源泉はとっても熱いので、猫肌のみ~チャンはお水をガンガン足してます。
DSC_0934.jpg

俺的には大丈夫になったので先に入湯、
まだ、み~チャンは入れません(*^_^*)

DSC_0935.jpg
やっと足が浸けられましたね。

ここの『つぼ湯』は開湯が1800年ほど前、日本最古の共同浴場と言われています。

DSC_0936.jpg
やっと入湯、後ろに行ったら、下から熱いお湯が出ていてビックリ。

DSC_0944.jpg
ここでやっと落ち着けましたね(^o^)/

また、世界遺産に登録された温泉と言う宣伝文句がありますが
実際には2004年世界遺産として登録されたのは
「紀伊山地の霊場と参詣道(通称、熊野古道)」だそうです。
その熊野古道の一部として、湯の峰温泉つぼ湯」が入ってるんですね。

このつぼ湯は、熊野詣での前の旅の垢と疲れ、俗世の垢を落とす
「湯垢離場(ゆごりば)」として栄えたそうです。

DSC_0945.jpg
やっぱり二人でちょうどいっぱいですね。

俺の座ってる後ろが結構ハングアップになってて、その奥の方から熱い温泉が出ています。

DSC_0954.jpg

mDSC_9169.jpg

海坊主ならぬ、『温泉坊主』出現(^o^)/

DSC_0948.jpg
入り口から湯船を見渡して
ぐるっと、河原に降りて行く感じですね。

これが野天ならな~(^o^)/
扉は左右にあるのですが・・・・・
解放厳禁でした。



tag : 世界遺産 熊野古道 つぼ湯 湯の峰温泉

湯の峰温泉「つぼ湯」

みなべの梅林を後に温泉に向かいます。
梅林を出発したあとはまた雨です(+_+)
梅林で降らなくてラッキーでした。

途中ドラッグストアに寄って、み~チャンの捻挫に痛み止めの湿布を購入
足首も腫れる様子もないので一安心しました。

温泉の途中「道の駅ふるさとセンター大塔」でお昼ご飯です。
mDSC_9162.jpg

俺は定番の梅うどん
DSC_0906.jpg

ピンクのうどんの入ってるところもあるんですけど、ここのは普通の白ですね。

で、みーチャンは
mDSC_9163.jpg
紀州うめどりの親子丼です。

DSC_0907.jpg
元々親子丼の好きなみ~チャンですから当然のチョイスですね。

普通の親子丼とどこが違うかというと
鶏のエサに梅干しを作る時にできる梅酢を混ぜて与えてるんだって。
梅酢で元気に育った鶏肉と、卵を使ってるそうです。

味は普通でしたが(^O^)/

到着しました。湯の峰温泉です。


DSC_0918.jpg

日帰り入浴は、温泉の入り口に無料の駐車場があるので、そこを利用しましょう。
公衆浴場の前に男性が立ってますが、ここで入浴券を購入します。

DSC_0916.jpg

DSC_0964.jpg
大人30分770円ですね。
買ったチケットを受付に出すと

DSC_0920.jpg
入浴の注意など説明を受けて入浴証明書と順番待ちの札をもらえます。

俺たちはちょうど今入ってる人の次になったので10分待ちくらいで済みましたよ。
DSC_0922.jpg

mDSC_9168.jpg
この待合場にも料金や、発券場所の案内が書かれてますね。

DSC_0923.jpg

この公衆浴場の入り口にある「東光寺」のご本尊の薬師さまは湯の花の化石で作られていて、
昔はこのご本尊さまの胸からお湯が出てたらしく、
湯の胸温泉から湯の峰温泉と言われるようになったそうです。

ここのお堂の入り口にも立札が立っていますが
ここは歌舞伎で有名な小栗判官の舞台でもあるんですよ

けど歌舞伎にうとい俺たちは全然知らなかったですが・・・
毒を盛られて一度は死んだ判官を哀れに思った閻魔大王が、
ここ湯の峰にて湯治するならば、復活するであろうと予言した霊験あらたかな温泉だそうです。
(大分内容を端折っちゃいました)(>_<)

DSC_0919.jpg
前の清姫安珍の物語とか、この辺には色んなお話があるものですね。

そんな看板を読んだりしてるうちに、前の方達が上がってこられました。
30代くらいの女性3人グループでしたね。

DSC_0926.jpg
温泉の入り口に降りて、ここで靴を脱いでもらった番号札を扉の横にかけて
入湯です。

(^o^)/

tag : 和歌山 湯の峰温泉 つぼ湯 東光寺

川湯温泉『山水館 川湯みどりや』

お泊まりしたのは一番安い『山水館 川湯まつや』さんでしたが
みどりやさんの温泉は自由に利用できます。

仙人風呂周辺で遊んだ後、みどりやさんの食堂で朝食をいただきました。
DSC_7124.jpg
朝食はバイキングです。

朝食の後、もう一度温泉チャレンジです。
けどやっぱり、川原の混浴露天風呂は『増水によりご利用できません』の張り紙が貼ってあります。

とりあえず内湯から外に出てみて、
温泉の様子を見ると、いつも透明なお湯が白濁しちゃって少し葉っぱなどのゴミが浮かんでますヽ(;▽;)ノ

けど足を浸けてみると、割と温かいヽ(´▽`)/

まあ誰も入ってないし。
DSC_7122.jpg

へへヽ(´▽`)/
入ってしまいました、

み〜ちゃんも貼り紙がしてあって躊躇していたらしく、遅れて登場
『どう?入れそう?』
『大丈夫、あったかいよ』

DSC_7125.jpg
女湯の前の露天風呂でコソコソ隠れながら二人で入浴ですヽ(´▽`)/

みどりやさん、ごめんなさいm(_ _)m
他に誰もいないのでみ〜ちゃんも湯浴み着を濡らすと冷たくなっちゃうので捲くりあげて

DSC_7127.jpg
せっかくなので、写真も撮りましょうねヽ(´▽`)/

DSC_7130.jpg

だんだん図に乗って、全裸で入浴

DSC_7131.jpg
お天気も回復してきて、やっと露天風呂が楽しめました。

DSC_7132.jpg
記念撮影も〜

この場所で上を見上げると旅館の窓から何人かの男性が露天風呂を見下ろしてましたよ。

DSC_7136.jpg
じゃあ、見てる人にサービスしなくっちゃ
み〜ちゃんにお尻を出したポーズで撮影ヽ(´▽`)/
上からは、立派なみ〜ちゃんのお尻が見えたはすですね。

DSC_7133.jpg
このころには、み〜ちゃんもリラックスヽ(´▽`)/

温泉満喫〜

DSC_7135.jpg
『ほら』って、ゴミ拾って遊んでるし

DSC_7138.jpg

温泉も楽しめたし、撮影もできたし、そろそろ上がりましょうか
内湯に戻ると入れ違いに、外に出たそうな男性が張り紙を見て躊躇したので
『外のお湯少し濁ってるけど入れましたよ、』って後押ししてあげたら、露天に出て行かれました。

けど直ぐに旅館の方が出てきて、追い返されちゃって帰ってこられ
『あら、残念でしたね』
『これから湯船の掃除するらしいです』

俺たちは先に入っちゃって正解?
返す返す、みどりやさん、勝手に入ってゴメンなさいm(_ _)m

でも、いい思い出になりました。

テーマ : 混浴露天風呂
ジャンル : アダルト

tag : 混浴露天風呂 和歌山 みどりや

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム
所用がございましたらご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ブロとも一覧

メス豚の飼い方

孤独なM

木曜日のアモーレ

Asamiの日記

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

アヒル隊長と露天風呂

妻との記録

お洒落だなと想うこと 混浴編

ホニャララ日記(another side)

放蕩記

だいすきなレイに…again

secret base

~愛妻を淫乱な牝奴隷に~

躾 被虐性愛 〜Private M Lesson〜

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

刺激を求めて

温泉好きアラフォーの記録

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

二人の楽しみ

新たなる 未知への軌跡 

熟女『夕莉』のアナル

K and J  ある夫婦の性愛日記

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

混浴みう散歩

ひとみの誘惑

風景を眺めて

絆☆遊誠会

manaの日記

ねこ日和

エトランジェ

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

愛妻のりこ

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

おばさんとの性生活

PurpleCouple's Secret Place

Rippleのお出かけ日記

SとKの交換日記

しものネット生活

~ネトラレ~ 普通の素人カップル

四国は香川のアートな緊縛・縛り

しゃちの気まぐれブログ

☆シヨ〜

考える性戯

五十越え 越山

amateur japanese wife sex

desire Gs  ~妻との性記録~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる