FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

畳平 2

DSC_2210.jpg
撮影を終えて元来た道を戻ります。
車で来たんじゃ無かったら帰りは長野方面に向かうのも良いかもしれません。

歩き出すとすぐにカップルさんとすれ違いました。
「おお、グッドタイミングだったね~」
もう少し長く撮影してたら、この二人に見られちゃってましたね。

「あの二人も露撮するんじゃない」
「いや、ちゃんとトレッキングの格好してたから」
DSC_2212.jpg

なんて勝手なことを話しながら歩いてるとまたカップルさんとすれ違い
こんにちは~って声をかけて

DSC_2213.jpg
小さい雪の玉を作って、雪のスロープをどこまで転がるか競争しました。
結構見えなくなるまで転がったんですよ~

mDSC_9485.jpg
帰りのバスが来るまで待合所で一服

mDSC_9486.jpg
とちの実大福とコーヒーのセット、宿儺(すくな)かぼちゃの鬼まんじゅう、野沢菜のおやき

そうか~まだお昼ご飯食べてなかったんだよね。
けど時間も無いしこれで我慢

DSC_2215.jpg
美味しかった~(^O^)/

これにて、乗鞍観光終わりです。
今晩のお宿に早めにチェックインして温泉を楽しみましょう。

tag : 乗鞍 畳平

雪の回廊 2

DSC_2169.jpg

雪の回廊とまではいかないですが、道路の両脇にはぼちぼち雪の壁ができてます
前記事にも書いたのですがこの道はまだ通行期間ではないのでのんびりお散歩できました、

DSC_2170_201708160805530b8.jpg
なんだか今回は必殺仕事人シリーズみたいですね(*^_^*)
按摩のみ~チャン
心臓を一突き、ブス!

DSC_2171.jpg
お日様が当たってるとちょうどいい感じですが、陰ると肌寒いです。

DSC_2172.jpg
この辺りはまさに雪の回廊(^O^)/

DSC_2173.jpg
すごい高さです。
6月下旬でまだこんなに

DSC_2174.jpg
向こうに見えてるのが肩の小屋ですね、その上の雪の斜面ではスキーを楽しんでる人たちが見えます。
長野側から来るバスはこの停留所でUターンです。

DSC_2177.jpg
雪の壁をバックに記念撮影

DSC_2178.jpg
この場所で4~5mですね。

DSC_2179_20170816080603a37.jpg
全然人もこないので
「ここなら脱いでもいいかも」
女神の一言が

(^O^)/(^O^)/(^O^)/ \(^O^)/




tag : 長野 肩の小屋口 雪の回廊

乗鞍 雪の回廊

6月23日
どこに行こうか錫杖で相談した結果、
乗鞍岳の雪の回廊を見に行こうってことになりました。

錫杖の女将さんに聞いたら、「ほおのき平」の駐車場から乗鞍行のバスに乗れると
平湯からバスは出てるんだけど、平湯の駐車場はお金がかかるし、ほおのき平なら駐車料金は無料なんだって。

それに、俺たちが考えてた駐車場は松本側の駐車場で遠かったんです。
女将さんありがとう(*^。^*)


スキー場の前の駐車場からバスが出てます。
DSC_2152_20170814105449d60.jpg

今は乗鞍に登るのはマイカー規制が入っていて、バスでしか行けません。
mDSC_9473.jpg
この日は結構暑い日だったのですが上はちょっと寒いのかな

バスに乗って乗鞍スカイラインを登って行きます。
DSC_2154_20170814145424d48.jpg

どんどん登って行くと、まだまだ雪が残ってますね~
素晴らしい景色が眼下に広がります。
mDSC_9474.jpg

DSC_2155.jpg
到着~
ここが日本で一番標高の高い所にあるバス亭です。

ここへ来るためのバス利用のHPはこちらです。
http://norikura-bus.com/timetable/
バス乗り場や料金、時間が載ってるので参考にしてください。
map.jpg
松本側からは乗鞍観光センターか三本滝ゲートからですね。

DSC_2158.jpg
撮影スポットのカメラ台が欲しい所ですが地面にスマホを立てて記念撮影です。

DSC_2160_20170814110420582.jpg

さあ、本日の目的の雪の回廊を目指しましょうか。
バス停から歩いて松本側のエコーライン「肩の小屋口」を目指します。
norikura_map.gif

回廊はこの肩の小屋口の下にあるらしいです。
目的はトレッキングではないので舗装された道路を歩いて行きました。
(ただの根性なしです(>_<))

DSC_2161_20170814110423bfa.jpg

DSC_2162.jpg
少し歩いたところにもこれくらいの雪の壁がありました。
さすがに、み~チャンこの格好では少し寒いかな(*^。^*)

DSC_2166.jpg
かき氷
(>_<)
美味しくないです~

DSC_2163.jpg
身長の倍ですから3mくらい

DSC_2167.jpg
もう少し温かくなって雪が解けると
お花畑のようになるらしいです。

DSC_2168.jpg
ここから向こうが長野県

mDSC_9481.jpg
こちらが岐阜県です。

まだこの時期は長野からのバスは畳平までは上がってこないのでゲートは締まってました。



tag : 乗鞍 畳平 ほおのき平 駐車場 バス 乗鞍スカイライン

たるまの滝・親水公園

温泉に行く道すがら、新平湯温泉で、たるまの滝の看板を発見
ちょっと寄り道です。


DSC_1975.jpg

こちらには、霊験あらたかなタルマ水という名水が湧いています。
この地は出雲に向かう神様の通り道で、ここで休憩をして湧水を飲んで一服する場所だったそうです。
神様を癒すここの水をタルマ水として大切にしてきたそうです。

昔、村上天皇がこの近くを通った時に体調を崩されたのですが
このタルマ水を、木こりの娘タルが天皇に献上し飲まれたところ元気になられたそうです。
タルマのマはこの地の女子に対する「様にあたるそうです。
タルマ姫と姫を付けて呼ばれるようになったのは、明治以降らしいですね。
素直に読むとタル様姫になっちゃいますね。

この地は平家の落人が落ち延びてきた地でもあり
ここにも、若い傷ついた落人が来たとき、タルマがこの名水をもって傷を癒して、二人は結ばれることになったそうです。
そして二人はこの名水を守って幸せに暮らしたそうです。

これがこの地の「タルマ姫」伝説です。

DSC_1985.jpg
滝をバックに記念撮影
と思ったら、これは砂防ダムでした(>_<)

mDSC_9458.jpg
しかし、この砂防ダム
トンネルになっていて中に入れるんですよ。

DSC_1978.jpg
まあ、よくある光のトンネルですけど、こんな所にあるとは思ってもみませんでした。

DSC_1981.jpg
トンネルの中にはこの砂防ダムの説明や
おお、滝になってる方は所々外に向かって穴があけてあります。

mDSC_9461.jpg
ある意味裏見の滝ですね。

DSC_1982.jpg
中央にはタルマ姫を祀った祠があって縁結びの絵馬がいっぱい掛けてありました。
本当は通り抜けできるのですが、この日は対岸が工事中で通行止めになってました。

DSC_1986.jpg
親水公園は割と広くて、草刈りもした後で気持ち良く散策もできました。

DSC_1988.jpg
公園の一番上側の向こうに写っているのが「たるまの滝」です。
思ったよりはショボイかな?

DSC_1990.jpg
ここが「毛受母の社」もずもと読みます。
この下でタルマ水を汲むことができます。
名前だけ見たら頭に塗ると毛が生えてくるかな?(*^。^*)

おそらく毛受母というのは先の伝説の出雲が訛ったのかもですね。
昔はこの平湯川はこの辺りでは毛受母川と呼ばれていたそうです。

平日の為茶屋も休みだしそろそろ帰りましょう
あ、そうそう

ここの公園は冬になると氷のオブジェができて、夜になるとライトアップもされるそうですよ。
ライトアップのご案内ページ

DSC_1991.jpg
お見送りは、道路の真ん中でアマガエル君がしてくれました。
み~チャンがびっくりして叫んだのは言うまでもありません(^O^)/



tag : 岐阜 奥飛騨 新平湯温泉 たるまの滝 親水公園 タルマ水

平湯大滝公園

本当なら穂高ロープウェイに乗って山の景色を楽しむ予定だったのですが
山はまだ昨夜の雨の為モヤがかかっているようなので、昨日晴れていたら寄る予定だった
『平湯大』を見に行きました。

場所は平湯ICのすぐ近くスキー場の隣です。
スキー場には羊が放牧されてましたよ。


公園は入場無料ですが、車、バイクの駐車料金はかかります。
ゲートで500円払って駐車すると、バス亭
の近くまで運んでくれます。100円

歩いて登っても15分程度ののですが、わがままみ~ちゃんが上りはバスに乗るっていって
さっさと、まで行きました。
DSC_4410.jpg

DSC_4419.jpg
雨の為に水量が増えているんでしょう、結構迫力がありましたよ。

DSC_4420.jpg

ボチボチお客さんもいらしゃいますね
の近くで遊んでいると駐車場で一緒だったおじさんが、歩いて登ってきました。

を堪能してのんびり歩いて下ります。
DSC_4421.jpg
ハハハ
途中で露撮ヽ(´▽`)/

けどさっきのおじさん、なんだか着かず離れず。
露撮がバレてるのかな~

DSC_4422.jpg

まあ、無理もしないでちょっとだけ撮って下まで到着

食堂や売店があって、ブラブラお土産を見たあと
食堂で飛騨牛コロッケとクルミ味噌のお団子を買って
巨大な足湯スペースにていただきました。
DSC_4423.jpg
食べのもはお店の方がわざわざ足湯まで運んでくれましたよヽ(´▽`)/

DSC_4425.jpg
大きな湯池を眺めながら足湯でパクパク
幸せそうなみ~ちゃんでありました。

tag : 岐阜

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム
所用がございましたらご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

あさぎブログ

Asamiの日記

妻との記録

お洒落だなと想うこと 混浴編

ホニャララ日記(another side)

放蕩記

隊長の散歩道

だいすきなレイに…again

Erotic diary of Sakura

愛妻覚え書き

温泉好きアラフォーの記録

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

未知への軌跡 【混浴・滝巡り・露出そして・・・】

熟女『夕莉』のアナル

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

混浴みう散歩

ひとみの誘惑

妻と私の夫婦交換物語

風景を眺めて

絆☆遊誠会

ねこ日和

我が家の熟妻お遊び(思い出)

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

おばさんとの性生活

PurpleCouple's Secret Place

Rippleのお出かけ日記

SとKの交換日記

しものネット生活

~ネトラレ~ 普通の素人カップル

四国は香川のアートな緊縛・縛り

考える性戯

夫婦の時間

妻大好き!

amateur japanese wife sex

妻をつまみに

desire Gs  ~妻との性記録~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる