FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

修那羅山安宮神社 石神仏群

つるや旅館さんを出発(^^)/
出かける時ご主人にこの辺で面白いところないですかねって聞いたら
石仏がいっぱい有るところがあるんだよ行ってみる?って教えてもらいました。
場所は

確かに近いといえば近いけど・・・・
山道頑張って走りました。

DSC_3166_202003311139417db.jpg
あ、あそこ桜いっぱい咲いてるぞ
道すがらに見つけた桜で記念撮影

DSC_3170_20200331113944eef.jpg

当然お楽しみカットもね
DSC_3172_20200331113944f90.jpg

DSC_3173_20200331113946c94.jpg
駐車場に到着しました。

ここから結構ありそうだな~(>_<)
DSC_3174_20200331113947bc2.jpg

DSC_3176.jpg
道はきれいに作ってありますが、かなり急な坂道です。(>_<)
ゼーゼー言いながら到着
20分くらいかかりました~
DSC_3178_20200331113951b81.jpg

ここには元々、大国主の命を祭った祠があったそうですが
江戸末期そこに全国の修験場で修業した山伏の修那羅大天武が弟子とともに住み着いたそうです。
ある夏日照りが続き近所の村人が修那羅大天武に頼み雨ごいの祈祷をしたら見事に雨がふったそうです。

その後修那羅大天武が修行の途で亡くなりここに埋葬され今の安宮神社ができたらしい。
ですからご本尊ご神体っていうのは亡くなった修那羅大天武になるのかな。

お賽銭をあげると、神主さん?が、そこのお守りどれでも持って行っていいですよって
DSC_3179.jpg

前の写真の左下に小さな鳥居がありますが、そこをくぐって神社裏の石神仏を見に行けます。
DSC_3180.jpg

DSC_3182_20200331113955db9.jpg
こうやって神社の裏にいっぱい石像が並んでいます。
結局、由緒あるとかどこかの分社だとかではなく江戸末期にできた民間信仰の延長なのでご利益があれば何でも有りのようです。

DSC_3183_202003311139566c3.jpg
もしかするとこれが修那羅大天武の墓?

DSC_3184_202003311139581e3.jpg
ここには800~1000体の石像があるそうでそれぞれ信者さんの大願成就により奉納されたものでそのすべてが末社として祀られているそうです。

DSC_3186_20200331114000389.jpg
中には幕末の松代藩の洋学者佐久間象山が奉納した石仏(千手観音)もあるそうですが見つけられませんでした(>_<)

DSC_3188_202003311140013a3.jpg
パット見、作者は当然不明、年代もバラバラ感あり、神様も仏さまもごっちゃ混ぜです。

DSC_3189_20200331114002c11.jpg

DSC_3190_2020033111400460d.jpg
これは三女神だそうです。安産祈願や子育ての子安神で腰巻が奉納され社に巻かれています。

DSC_3192.jpg
これは狛猫ですね
前の写真にも猫の石像がありましたけど、この近辺で養蚕が盛んで、蚕を狙うネズミを退治してくれる猫を神様として祀ってるそうです。

なんだかんだ駐車場の往復を含め1時間半ほどいました、が神社のすぐ傍にも実は駐車場があって俺たちが停めた駐車場を通り越して山をぐるっと回ると苦労せずに来れるようです(>_<)

そうそう、新しい神様でバイク神社ってのもありましたよ~

tag : 長野 修那羅山安宮神社 石神仏群

鹿教湯温泉2

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

鹿教湯温泉 お宿

天気もスッキリしなくて時折雨がパラパラしてたので
さっさと旅館にチェックインしました。
DSC_3093_20200324093637355.jpg

今日のお泊りは「つるや旅館」さんです。
浴衣に着替えて温泉入りましょ(^^)/
DSC_3107.jpg
混浴温泉はこの文殊の湯です。
あくまで温泉療養の介護が必要ってことでの混浴だそうですので
み~チャンは私の介護役ですね(^o^)

DSC_3103_20200324093640a77.jpg
ここ鹿教湯温泉は環境庁指定の国民保養温泉地であり日本の名湯100選の第一号だそうです。
やわらかい泉質のお湯にゆっくり入って療養するのがおすすめだそうです。

DSC_3112_20200324093642b35.jpg
脱衣所は男女別で露天風呂の方から混浴に入ってこれるみたいですね。

DSC_3122_20200324093643706.jpg
温泉でゆっくりした後は晩御飯です。
こちらは部屋食になってました。プランで量少な目コースをお願いしたので見た目は寂しい感じですが美味しくいただきました。

DSC_3123.jpg
お食事終わってお布団を敷きに来てくださったのがどうもお宿のご主人だったようで
お布団を敷きながら温泉のお話をしてくれました(^o^)

お酒も飲んでもう一度温泉に入ってぐっすり寝ました~

DSC_3139_20200324093646678.jpg
これは朝風呂ですね女性の方は薬師湯です。

DSC_3150_20200324093648fb8.jpg
朝ご飯は食堂です。

DSC_3153_20200324093649516.jpg
本当に普通の朝ごはんですがバランスが取れたメニューなんでしょうね。

出立の時にご主人に良い観光スポットを教えてもらったので頑張っていってみます(^_-)-☆

tag : 鹿教湯温泉

みつわや

2019年5月1日
今日のお泊りは鹿教温泉です。
お昼過ぎに到着して、まずはお昼ご飯をと
DSC_3081_20200323160138538.jpg

前回は近所の辰巳屋さんに行ったので今回は「みつわや」さんです。
DSC_3083_20200323160140245.jpg

DSC_3091.jpg
これを鳴らすらしいのですが気が付きませんでした。

DSC_3084.jpg
お店は古民家を改造した感じですね。
テーブルには桜の花が飾ってありました。

DSC_3085.jpg
メニューは蕎麦メインですね。

DSC_3087_20200323160144819.jpg
更科はあまり好きじゃないのでもりそばと天ぷら頼みました。

DSC_3088_20200323160146a52.jpg
頼んでから多少時間がかかりますが、さすが信州美味しかったですよ~

DSC_3090_2020032316014759d.jpg
ここはどんな由来のお屋敷だったんでしょうね

tag : みつわや 鹿教湯 蕎麦

道の駅 なんぶ(山梨県 南部町)

2019年5月1日
GWです(^^)/

温泉を目指して中部横断道路を北上ですが、まだ全線開通しておらず途中で一般道に下ろされます。
そこがちょうど道の駅だったので休憩~
DSC_3063.jpg

まだこの時はできたばっかりの時でした。

何があるかな~って売店に入ろうとしたら
DSC_3065_20200319133318879.jpg

米好きのみ~チャン、ここで引っ掛かりました。
「ひのひかり」マスに一杯、山盛りOKが100円
DSC_3067_20200319133318e0b.jpg

気合を入れてこぼれないように盛ってます。
結局300円分お持ち帰りしました。

DSC_3068_202003191333201cb.jpg
山梨はフルーツ王国ですからね~、近頃このレイアウトの道の駅があちこちで見れますね。

DSC_3070_20200319133321bad.jpg
まだ10時前なのでお昼には早いし・・・ドレッシングの試食用にキャベツが置いてありました。
今はコロナで大騒ぎなので、これはやってないでしょうね(>_<)

DSC_3071_20200319133323cfe.jpg
フードコート?もボチボチメニューがありそうなので今度お昼時に寄ったら食べて行こう(^^)/

DSC_3073_202003191333248ee.jpg
こんなところで桜エビが( ゚Д゚)

DSC_3074_20200319133326bcc.jpg
お子様向けに設けられた、ストローで作ったサクラエビ釣りゲームでした(^^♪

DSC_3075_202003191333274dc.jpg
道の駅に武将の銅像がありました。

DSC_3076_20200319133329677.jpg
武将「南部三郎光行」の展示がありました。

光行は甲斐源氏の末裔でこの地を治めていました。そしてこの土地の名前をいただいて南部三郎と名乗ったそうです。
源頼朝に仕え奥州征伐にも参加して八戸にも領土を頂き、そちらも南部藩として治めたそうですが
元の甲斐南部はご存じ武田が勢力を増したことによって、歴史から消えていったそうです。

お勉強もしたし
DSC_3078_20200319133330bd3.jpg
車中で食べるおやつも調達して出発(^^♪

DSC_3079_20200319133332bd6.jpg
ほら、ポケモンクルクルしてんとはよ行くよ~

tag : 山梨 道の駅なんぶ 南部三郎光行

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム
所用がございましたらご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ブロとも一覧

メス豚の飼い方

孤独なM

kamio collection

木曜日のアモーレ

Asamiの日記

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

アヒル隊長と露天風呂

妻との記録

お洒落だなと想うこと 混浴編

青い首輪の女

ホニャララ日記(another side)

放蕩記

だいすきなレイに…again

secret base

~愛妻を淫乱な牝奴隷に~

躾 被虐性愛 〜Private M Lesson〜

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

刺激を求めて

温泉好きアラフォーの記録

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

❤︎妻との性活日記❤︎

二人の楽しみ

新たなる 未知への軌跡 

熟女『夕莉』のアナル

K and J  ある夫婦の性愛日記

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

混浴みう散歩

ひとみの誘惑

風景を眺めて

絆☆遊誠会

manaの日記

ねこ日和

エトランジェ

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

愛妻のりこ

ご主人様のセックスドール☆

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

おばさんとの性生活

PurpleCouple's Secret Place

Rippleのお出かけ日記

SとKの交換日記

しものネット生活

~ネトラレ~ 普通の素人カップル

四国は香川のアートな緊縛・縛り

しゃちの気まぐれブログ

☆シヨ〜

考える性戯

五十越え 越山

amateur japanese wife

desire Gs  ~妻との性記録~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる