FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

性神の館(廃業)

2019年7月6日訪問
しかし2020年6月いっぱいで廃業されてしまいました。
他のネット記事で読んだのですが、借地だったので立ち退きを迫られての廃業だそうです。

DSC_5218_202007311054302cd.jpg
場所は宇都宮インターのそば、動物園が近いのかな。

塩原を出発して一度は訪れてみたかったので帰りに寄ってみました。
DSC_5221_202007311054290f7.jpg

入り口はインパクトありますよね~
DSC_5220_20200731105430d48.jpg
おひとり様標準コース1000円、館長の解説付き
お試しコースは見学のみ500円、ほんのちょっとだけコース100円ってどんなんだろう。

前にお客さんが居なかったからでしょう、受付で館長さんどのコースにしますか?
そのまま一緒に入館してとりあえず一通り解説してくれました。

この施設は秘宝館とは全く違って、性に関する浮世絵(春画)コレクションから江戸時代の性具のコレクション
これらは館長のひいひいおじいさまの集めた品物がメインだそうです。

解説を聞き終わって展示を逆に追っています、これは海外の48手のブラックライトで光るやつですね。
DSC_5228_20200731111642316.jpg

DSC_5233.jpg
これは肥後芋茎と竹細工のディルドでしょうか。

DSC_5237_202007311116446f7.jpg
京都伏見のお土産人形、羽織きてるやつどっか他所でも見たような気もします。

DSC_5242_20200731111646502.jpg
よくある、クジラのペニスと女性器ですね熱海でも見たかな。

DSC_5246_2020073111164892e.jpg
九谷焼きなんですね~盃ですかね、遊郭とかで使われてたのでしょうか。

DSC_5248.jpg
お皿の高台裏に隠したり、湯のみの蓋の裏とかで

DSC_5253_20200731111650a24.jpg
春画のコレクションも絵師さんごとに分けてあったりしますか。葛飾北斎とか

DSC_5257.jpg
こちらも48手人形

DSC_5260_20200731111653396.jpg
細かい細工が見えるように天眼鏡も置いてあります。
その上段には大奥とかで使われてたかもって張り型ですべっ甲細工の高価なものだそうです。

DSC_5265_20200731113521706.jpg
アフリカのお土産品ですね~

DSC_5268_20200731113523078.jpg
こちらはタイだったかな?踊っているお姉さんはみんなノーパンでした。

DSC_5285.jpg
女性同士の木造なんですが下で繋がってます。

DSC_5289_20200731113526822.jpg
古代の女性崇拝の土偶です。
女性は新しい命を作るとしてお墓に女性の土偶を一緒に埋葬することで再生を願うという考えだそうです。

DSC_5292_20200731113527cd4.jpg
これは有名な川崎大師の金山神社ですね。

DSC_5294.jpg
他にも日本全国から集めた性を祀ったお守りやお土産が展示されています。

DSC_5295.jpg
俺もどっかで安産祈願の置物を買って、行きつけの西伊豆いでゆ荘の露天風呂に奉納したいのですがなかなか見つからないんですよね。

DSC_5307_202007311148093d6.jpg
館内に「金精大明神」が祀られています。
日光栃木と群馬の県境にある金精神社の分社でしょうか。

DSC_5309_202007311148106a9.jpg
「おさすり様」
本当は男性が一物をさすって、下の病に罹らないように、死ぬまで下の世話を他人にかけないようにと願うものです。

DSC_5310_202007311148114a6.jpg
これは女性用の「おまたぎ様」です。

前に伊豆から帰る途中伊豆市の「明徳寺」で同じようなものがありました。

DSC_5311.jpg
み~チャンそれは違うと思うけど・・・・
けど子宝安産も書かれてるのでOKか??

DSC_5313_2020073111481491e.jpg
これはもっと違うと思います ゴメンナサイ m(__)m

DSC_5320_2020073111481616e.jpg
いっぱいこれが並んでるのですが、祈願成就の奉納でしょうか、けどどこにも売ってなかった~
買って帰りたかった・・・

DSC_5325_20200731114817a8b.jpg
こちらも有名な愛知県「田懸神社」の神輿に乗せられる御神体です。
実際のものをこちらに寄贈されたようです。

DSC_5331_2020073111481961f.jpg
鼻もげちゃうよ~(>_<)

DSC_5332_20200731114821946.jpg
壁の日本地図には手書きで全国のお祭りの日時がビッシリ書き込んであります。

これで一回り、最後にシアターがあって、ビデオも見せていただけます。
2種類あるらしいですが、俺たちはインドの建築物の性描写の壁とかの解説でした。

やはり昔から性とは新たな命を産む方法として大切にされてきたんですね。

館長さんも来た人の出身地別にどこにお祭りとか神社があるとか全県いえるそうです。
自分以上にこの展示物の解説を上手くできる人はいないと豪語されてました。

閉館になってとても残念です。

最後におみやげ物コーナーに奥様がいらして猫ちゃんと遊んでおられたのでしばらくお話してました。
DSC_5339_20200731114822e83.jpg
おれ、買おうかって言ったんですがどこに飾るの?って却下され

DSC_5340_202007311148235e0.jpg
こちらのお守りを購入しました。

DSC_5342_20200731114825ceb.jpg
中は

DSC_5346_20200731114826538.jpg
みーチャンとそれぞれ一個づつ分けて財布に入れて持ち歩いてます。


tag : 性神の館 宇都宮 閉館

とて焼き

お友達とは源三窟でお別れしました。
彼らはこの後福島の混浴に行ったそうです(^^)/

俺たちは次の場所を目指す前に
DSC_5159.jpg
み~チャンが出発前にチェックしてた「とて焼き」を買いに行きます。

とて焼きとは塩原温泉郷で開発した独自のワンハンドフードで、名前のトテは温泉街を回っている「トテ馬車」この馬車に着いているラッパの形に似てることからこの名前にしたそうです。
DSC_9902.jpg
これは前に来た時に撮ったトテ馬車です。

今回の記事は2019年のもので、2020年はまたそれぞれお店によって新しい商品になったりしてますので公式ページを参考にしてください。
塩原温泉郷公式HP とて焼き

パンフに乗ってたのは12、3個あったのですがそんなに食べられないので2個だけ
最初は温泉街より少し離れた東やさんの近くにある「美由堂」さんに
DSC_5203_20200729134622543.jpg
こちらはどうも今年は参加されてないのかな?HPに載ってないので地図を


こちらのお勧めはかりんとう饅頭みたいですね。
DSC_5205_202007291346245d5.jpg
買って来ました、「和珈琲クールとて」400円

DSC_5206_202007291346250a5.jpg
見たところバニラアイスとこし餡はわかりますが、あの黒い四角い物体は

DSC_5207.jpg
アイスクレープみたい

DSC_5208_20200729134628153.jpg
キューブ状のものは冷たくしたコービーゼリーでした。
コーヒーの香りが大人っぽい感じで甘すぎず俺好みでした。

二軒目は「亀屋本舗」さん
DSC_5211.jpg

こちらのメインは温泉饅頭みたいですね。
DSC_5217_2020072913463220e.jpg

買ってきました。
「和スイーツとて」400円
DSC_5214_2020072913463150d.jpg
まるでパフェですね~

mDSC_3926.jpg
こし餡の上に生クリームその上はイチゴ餡でイチゴが飾られてました(^^)/
こちらは見た目通り、あまーいイチゴケーキみたいです。

今回はスイーツ系を2軒回りましたが、そのほかにお寿司屋さん、蕎麦屋さん、中華屋さん、かっぽう料理やさんのとて焼きもあるので、それも次回は食べてみたいかな~

これにて塩原を後に、最後の目的地に向かいます。

tag : 塩原温泉 とて焼き

源三窟

2019年7月6日
東やさんの朝温泉で身体もしっかり目覚めて朝ごはんです。
DSC_5122.jpg
いただきま~す。

DSC_5159.jpg
お着換えも終了さあ今日はどこに行こうかな~
トテ焼き食べ歩きもいいな~(^_-)-☆

お宿をチェックアウトして向かったのはすぐ近所
温泉街の川沿いに少し上がったところにあるでしょ
みんな温泉目当てだから、なかなかここには寄らないかな~
DSC_5161.jpg

「源三窟」鍾乳洞です。
この看板を読めばわかるのですが(>_<)
この辺り塩原は火山の噴火により川がせき止められて湖ができていたそうです。
湖に動物の死骸や貝殻そして温泉成分の石灰が湖底に溜まって、その湖が隆起し石灰成分が山水に洗い流され鍾乳洞が作られました。

名前の由来となる人物は平清盛に対し挙兵し京宇治にて自害した源三位頼政から取られたものだそうです。
頼政は戦に敗れ京都で自害しますがその一族は平家の追っ手から逃れ塩原の地の領主塩原八郎家忠に匿われます。
八郎家忠は前の奥州征伐で源氏とともに戦った方だそうです。

で、この頼政の孫「有綱」がこの洞窟の物語の主人公になります。
DSC_5165_20200728135511c09.jpg

源有綱は先の京都宇治の戦で祖父と父が戦死(自害)してしまいます、そのころ有綱は伊豆にいて同じく伊豆にいた源頼朝らと共に平家討伐に向かって走り出します。
有綱は源氏の中でも義経の配下に置かれ同じくらいの年齢であり、義経の妹(もしくは娘)を嫁に迎えているくらい親密な関係だったそうです。
壇ノ浦で平家を打ち滅ぼした頼朝は義経に謀反の疑いありとして義経を捕まえようとします。有綱は常に義経、弁慶、静御前らと行動を共にし奈良吉野山に隠れその後義経弁慶は平泉に向かい、有綱は前に一族が世話になった塩原の八郎家忠を頼ったのでしょう。
DSC_5168.jpg

八郎家忠は有綱をこの鍾乳洞に匿い頼朝の追手から隠すのですが、ある日飯を炊くために研いだ米のとぎ汁がこの鍾乳洞から川に流れだしているのが見つかり無念の最後を遂げたと伝えられているそうです。
DSC_5171.jpg

その辺のところをこのおじさんが流暢なしゃべり口で教えてくれました。
み~チャンとお友達の彼女さんは窓の外で猫と遊んでたみたいですが(>_<)

DSC_5169.jpg
こちらの洞窟を見学、参拝料は一人600円でした、けどお宿においてあるパンフレットや割引券もしくはHPにクーポンがあるので使ってください。(50円引き)
公式HPはこちらから


1562470264341.jpg
入り口はこちら

DSC_5172_202007281355200f3.jpg
入るとすぐに一休さん??この橋渡るべからず。。。。

DSC_5173.jpg
洞窟内に滝があるようです。

DSC_5174_20200728135622bde.jpg
戦国武将が米を研いでますね~鎧は脱いでたんじゃね?

DSC_5175.jpg

DSC_5177_20200728135625d6b.jpg
罰当たりな私はみ~チャンにお尻ショットをおねだり。

DSC_5178.jpg
宗教法人登録しているのでしょうか・・・・
近くにある塩原八幡宮にも側神として祀られてるそうですが。

DSC_5182_20200728135627aa2.jpg
洞窟は全長50mほどです。

DSC_5183_20200728135629778.jpg
米のとぎ汁が白く見えるほど、どんだけ米洗ったんだ~お祭りでもするつもりだったのかい
などのみ~チャンの突っ込みもありながら。

DSC_5184_20200728135631022.jpg
ちゃんとした鍾乳洞の説明なんかもあります。

DSC_5185_20200728135632ff6.jpg
ちょっとした空間を見つけて

DSC_5189.jpg
ここでしばらく様子を見て奥州平泉で義経たちと落ち合う手筈だったとも

DSC_5192_2020072813563508b.jpg
ついつい階段に差し掛かると目の前のお尻が気になりますね~

1562470271206.jpg
撮影風景を後ろから撮られていました(>_<)

DSC_5194_202007281356376df.jpg
洞窟はぐるっと回って入り口横の売店に出てくるようになってます。
売店の手前にはこの洞窟で見つかったとされる甲冑が、何回かテレビにも出ているそうですがこの胴の所に・・・・見えるそうです(>_<)

DSC_5197_202007281356388d0.jpg
他にも江戸時代のものや歴史を感じさせる展示物がありますよ

DSC_5200.jpg
こちらの看板猫「茶々」さん
また来てニャン(^_-)-☆

この子の他にも何匹か猫ちゃんいますが大人しい、いい子達でしたよ

tag : 那須塩原 源三窟 鍾乳洞

お出かけ前

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

塩原温泉「源泉の湯 東や」 4

DSC_5098_202007221522411da.jpg
露天風呂、今度は下段に向かいます。
まあ入湯者は今の所俺たちだけですから隠す必要もないですね~(^_-)-☆

DSC_5101.jpg
そんなに上段と差はありませんが、少し湯船が小さいですかね。

DSC_5102.jpg
ここでみ~チャンに動きが

DSC_5105.jpg
得意のお掃除が始まりましたね~

DSC_5110.jpg
これだけ木が茂ってる中の温泉なので落ち葉はしょうがないですね~
まあ、これも温泉楽しみの一つなんですけどね。

DSC_5112.jpg
これでだいぶ綺麗になったかな(^_-)-☆

DSC_5114.jpg
こらこら、それはミミズが浮いてるんじゃないぞ(>_<)

DSC_5116.jpg
み~チャンお掃除ご苦労様でした。

DSC_5120.jpg
お友達もやっとやってきて一緒に朝の温泉頂きました~(^^)/

tag : 塩原温泉「源泉の湯 東や」

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム
所用がございましたらご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

自動WEBサイト翻訳(多言語)
ブロとも一覧

メス豚の飼い方

kamio collection

木曜日のアモーレ

Asamiの日記

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

アヒル隊長と露天風呂

妻との記録

お洒落だなと想うこと 混浴編

青い首輪の女

放蕩記

だいすきなレイに…again

secret base

~愛妻を淫乱な牝奴隷に~

熟な夫婦のエロ活動

躾 被虐性愛 〜Private M Lesson〜

愛妻覚え書き~大切な妻だけど晒します~

刺激を求めて

ハチミツとゆずレモンの日記

妻ノーマルからだんだんエロ開発日記

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

❤︎妻との性活日記❤︎

二人の楽しみ

新たなる 未知への軌跡 

熟女『夕莉』のアナル

K and J  ある夫婦の性愛日記

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

混浴みう散歩

風景を眺めて

絆☆遊誠会

manaの日記

ねこ日和

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

愛妻のりこ

ご主人様のセックスドール☆

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

おばさんとの性生活

PurpleCouple's Secret Place

Rippleのお出かけ日記

脳内Fetishism100%

SとKの交換日記

しものネット生活

四国は香川のアートな緊縛・縛り

しゃちの気まぐれブログ

☆シヨ〜

考える性戯

五十越え 越山

amateur japanese wife

desire Gs  ~妻との性記録~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる