FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

大塚国際美術館 3

DSC_2581_201710211749563d7.jpg
もう13時半、お腹が空いたので昼食です。
地下2階にあるカフェ・ド・ジベルニー
後で書きますがモネの睡蓮の池の横です。

DSC_2582.jpg
俺が貝殻のお皿に入った「ヴィーナスカレー」シーフード1000円
み~チャンは「阿波尾鳥のチキンカツ丼」これも1000円です(*^_^*)

DSC_2583_201710211750000c6.jpg
どちらも結構おいしかったですよ~

こういう所ですから1000円はまあ、普通ですかね。

DSC_2585.jpg
お腹も落ち着いたところで、また地下3Fに戻って見学再開です。

ここはイタリアの「スクロヴェーニ礼拝堂」です。
ここでは結婚式が揚げられるんですよ(*^_^*)
DSC_2586.jpg
結婚式の後、先に紹介したシスティーナ礼拝堂でフラワーシャワーをするそうです(^O^)/

この後ちょっと退屈なモザイク画とか壺の展開図とかがあるのですが
BF2に移動です。

DSC_2588.jpg
先のシスティーナ礼拝堂の壁画を描いたミケ・ランジェロの「聖家族」
金持ちの結婚祝いに頼まれて描いたものだそうです。
マリア様とキリスト、ヨセフ3人の家族が真ん中に描かれています。

DSC_2589.jpg
額装も当時の物を再現してるそうです、
顔が飛び出してちょっと怖いかも(>_<)

DSC_2590.jpg
これはみなさんおなじみだと、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」ですね\(^O^)/
ぜひここでコスプレしたかった~

mDSC_9589.jpg
いよいよ超大作レオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」ですね。
これは修道院の食堂の壁に描かれたものだそうです。

そしてこの最後の晩餐の向かいには
mDSC_9590.jpg
1999年に修復を終えた最後の晩餐があるんです

いままで何回も修復された最後の晩餐は元のダヴィンチの絵が塗りこめられほとんどダヴィンチの色は見れなかったものを
今回の修復で大元のダヴィンチの描いたものになったそうです。

ダビンチコードでトムハンクスが見たのはどっちでしたっけ
(*^。^*)

DSC_2594.jpg
ダヴィンチ続きで「モナリザの微笑」ですね
み~チャンの方がグラマーだし色っぽいです~

DSC_2591.jpg
これは個人的に好きなベルギーのブリューゲルの描いた「バベルの塔」です。
なぜ好きかって言うと、ジブリノ「天空の城ラピュタ」はこれがモデルですからね

ちなみにブリューゲルのバベルの塔の絵は二つあります。
ここに展示してあるのは最初に描いた大バベル
この間日本に来日展示されたのは小バベルだっそうです。

絵のサイズ的にはこのバベルの方が4倍ほど大きいらしく、
けど小バベルは小さいながら精巧に描かれているそうです。

スイフトがガリバー旅行記で書いた空に浮かぶ城ラピュタ
天に向かって建てたバベルの塔

この二つのモチーフを一つに混ぜたのが天空の城ラピュタだったんですね。

だんだか全然エロも無く進んでますが・・・
大丈夫でしょうか(>_<)

まだこの先があるんです~(ToT)/~~~





tag : 徳島 大塚国際美術館 ラピュタ バベルの塔 ダヴィンチ 最後の晩餐 モナリザ

大塚国際美術館 2

最初の方の通路に来館記念撮影用でしょうね。
DSC_2566.jpg

こんな額縁と被り物が置いてありましたよ(^_-)-☆

実際は
DSC_2568.jpg
オランダの画家フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』ですね『青いターバンの少女』とも呼ばれているそうです。

mDSC_9585.jpg
イタリア、スペインで活躍した宗教画家『エル・グレコ』の6枚の絵を収めた祭壇です。

ちょっと遠くて絵が見えにくいですが、先に進むと個々の絵も展示してあります。

DSC_2571.jpg
フランスのサン・マルタン聖堂

DSC_2573_20171018090857e13.jpg
ギリシャの聖ニコラオス・オルファノス聖堂
このニコラウスさんってサンタクロースの起源と言われる人だよね?
ギリシャ出身なんだ~、雪国ってイメージだったのにな

DSC_2575.jpg
野外の空間に出るとそこには「貝殻のヴィーナス」の壁画
これはヴェスビオス火山の火砕流で一夜のうちに滅んだポンペイの庭園にかかれてるものです。

有名なヴィーナスの誕生のだいぶ前の絵でしょうね。
本当はここでオッパイくらい出して欲しかったのですが・・・・・

そして、これが流行りのコスプレ企画です。
DSC_2576.jpg

モザイク画、壁画に描かれている人物と同じ衣装に着替えて撮影できるんですよ。

DSC_2579.jpg

さっきの貝殻のヴィーナスのコスプレが良かったんだけどな~

DSC_2580.jpg
個々の衣装の年代や地域などの解説もふまえて
コスプレ楽しみたいものですね(^O^)/


tag : 徳島 大塚国際美術館 コスプレ 聖堂

大塚国際美術館

鳴門の渦潮を見た後向かったのは
「大塚国際美術館」です。
DSC_2508.jpg

先ほどの渦潮記念館エディから見ても直ぐそこなんですよ。
しかし一度海岸にある駐車場まで行って、そこからマイクロバスでの送迎になります。

一応駐車場をマークしてますが、公共交通機関をご利用の方は直接いってください。

mDSC_9604.jpg
玄関はこちらで、美術館は山をくりぬいて作られています。

DSC_2613.jpg


駐車場は無料ですが入館料は
一般3240円
大学生2160円
小中高生 540円
と、一般は少しお高めな感じです。
コンビニ前売りで3100円でした。
公式ページはこちら

玄関を入り長いエスカレーターを上った所がBF3ここから展示が始まります。
とりあえず館内案内の音声ガイドを1台500円で借りました。

床に矢印と展示の番号がふってあるので順番に

DSC_2561_20171017083532592.jpg
最初に度肝を抜かれるのは『システィーナ礼拝堂』の天井画です。
それも実物大

DSC_2565_2017101708353314b.jpg
イタリアのバチカン宮殿にある礼拝堂で、この内装画はミケランジェロ、ボッティチェッリ、ペルジーノ、ピントゥリッキオらが書いてるそうです。
音声ガイドが説明してましたが、どれが誰の絵だっけな
まあ正面はミケちゃんだと思うんだけど。

あ、言い忘れましたがこの美術館に展示してあるものはすべて複製(ニセモノ)です。
いや、複製と言うより陶板(タイル)画なんです。
ですから、写真も撮り放題、美術品に触っても大丈夫なんですよ。

この美術館、名前を聞いて解るように大塚製薬さんが造られた所です。
ポカリスエット、やオロナミンC、オロナイン軟膏ですね。

なぜこの大塚製薬さんが陶板美術館を建てたかというと
創設がここ鳴門だったんだそうです。

徳島には他にも金ちゃんラーメンの徳島製粉なんかもありますね。

そして、大塚製薬さんの別部門で鳴門の砂をコンクリートの原料として採取販売していたそうです。
しかし、砂のまま売っても儲からないのでタイルに焼いて建築資材として売り
オイルショックの煽りを受け建築ラッシュが沈静化してきた時に、タイルに絵を書き美術品として
再スタートしたんだそうな。

この陶板、陶磁器のような焼き物の為、年月、風雪を受けても変色しないんだって。
また発色に対してもほぼ写真クオリティを実現させ、陶板としても巨大な一枚焼きを実現したそうです。

ということで、焼き物による美術品の後世への伝承と、学生料金の安さで解るように教育への貢献
あとは、陶板技術の宣伝の為の美術館が出来たのでした。

今ではインスタなどのSNSに載せても大丈夫なので若者に人気だそうです。

ふ~(>_<)
書きつかれたので、今回はここまでにします。

tag : 徳島 鳴門 大塚国際美術館

大鳴門橋渦の道 鳴門のうずしお

DSC_2558.jpg
エディを出て少し歩くと渦の道

あ、エディとこちらは別施設でそれぞれ入場料が必要ですが
エディ(駐車場有)の入り口で共通入場券を割引で売ってるので利用してください。
休日は入場券販売のところでガラガラ抽選を行っていて、記念グッズが当たりますよ(*^_^*)

早速行ってみましょう
DSC_2539.jpg

渦の道は大鳴門橋の下に400mくらい作られた遊歩道です。
所々足元がガラス張りになって下の海が見えるんですよ。

DSC_2542_201710151051228c9.jpg
一番先まで行くと少し広いスペースがあって、真下に渦潮を見ることができます。

DSC_2545_20171015105123ca3.jpg
この日は真下って言うより少し先に渦ができてました
遊覧船は渦の真上を優雅に漂ってますね。

DSC_2551.jpg
おっかなびっくり、そんな顔でガラスの上に立つみ~チャンです(*^_^*)

DSC_2552_20171015105126aad.jpg
これがこの日のベストショットでした
見事な渦が二つ見れました。

前回は帆船型の遊覧船だったので、次回は水中展望のできる遊覧船で
渦潮チャレンジしてみたいです

(^O^)/


tag : 徳島 鳴門のうずしお 渦の道

大鳴門橋架橋記念館エディ

DSC_2506.jpg
2017年7月22日(土曜)です。

今回はみ~チャンが大阪まで来ました(*^。^*)
さて何処に行こうかって言ってたら丁度満月
満月と言えば大潮、
大潮なら、鳴門の渦潮リベンジしよう~

と言うことで朝一大阪を出発して明石大橋を渡ったSAで朝食の玉葱天うどん

み~チャンは夜通し高速を走ってきてお疲れの様子です。
DSC_2507.jpg

ここから30分くらいかな?淡路島を縦断して一先ず鳴門大橋を通過し、目的の「大鳴門橋架橋記念館エディ」に到着
DSC_2509.jpg



公式ページはこちら
潮見表あるので行くなら参考にしてね。

まだ大潮の時間には早いので先に館内を探索しましょう。
DSC_2510.jpg
うずしお劇場~
巨大スクリーンで迫力ある渦潮の映像が見れますが・・・・
施設が古いので画像が悪いですね

展示物は近海のお魚や磯の生物とか、鳴門大橋の建設資料などがメインですが
DSC_2511.jpg
これはアドベンチャーシュミレター「うず丸」です。
まあ、中に乗って前面のスクリーンに映し出された映像に合わせ、乗り物が上下傾斜するやつですね。
これもまた、結構年代物になっていて、映像も悪くちょっちガッカリ(+_+)

けれど鳴門大橋を上空からみたり海中に潜って渦潮を見ることができますよ(^O^)/

二階に上がると子供向けの学習ゲームが色々あります。
DSC_2514.jpg
これはお城に捕まった仲間を助けに行くゲーム
自分が左右に動くと、スクリーンの忍者も動きます。

DSC_2523.jpg
走る手裏剣のランプを矢印の所で止めるゲーム
二人ともムキになって二回づつチャレンジしましたがダメでした(>_<)

tyarenji.jpg
ランダムに配置された数字を一から順に消して行くゲーム
これは俺が勝ったんだぜ(^O^)/
けど前に名古屋港でやった時は負けたこれで五分(*^。^*)

DSC_2518.jpg
こちらは釣りゲーム
エサを選んで近海の魚を釣ります

DSC_2520.jpg
こっちはサイクリング
時間に合わせて鳴門大橋を自転車で走ります。

どれもそろそろ新しい物に交換した方が。。。。
DSC_2524.jpg
こちらは何処にでもあるけど、結構ご当地ネタに凝った3Dアート

DSC_2526.jpg
これなんかなかなかカッコいいでしょ(*^。^*)

DSC_2533.jpg
極めつけはみ~チャンコング
鳴門大橋で大暴れ(^O^)/

DSC_2536.jpg
最後は徳島の名所かずら橋

こういう施設はしょーもないな~って思うより
自分たちで楽しむ気持ちが必要ですね(^O^)/

DSC_2538.jpg
さあ、そろそろ良い時間になったので渦潮を見に行きましょうか





tag : 徳島 鳴門大橋 鳴門の渦潮

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
メールフォーム
所用がございましたらご利用ください

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

あさぎブログ

Asamiの日記

人妻アヤメ~夫婦の日常性活

妻との記録

お洒落だなと想うこと 混浴編

ホニャララ日記(another side)

放蕩記

隊長の散歩道

だいすきなレイに…again

Erotic diary of Sakura

愛妻覚え書き

刺激を求めて

温泉好きアラフォーの記録

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

未知への軌跡 【混浴・滝巡り・露出そして・・・】

熟女『夕莉』のアナル

赤いチョーカー 〜SMとアタシと幸福論〜

混浴みう散歩

ひとみの誘惑

妻と私の夫婦交換物語

風景を眺めて

絆☆遊誠会

ねこ日和

我が家の熟妻お遊び(思い出)

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

ドキドキするような刺激を求めて・・ 

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

おばさんとの性生活

PurpleCouple's Secret Place

Rippleのお出かけ日記

SとKの交換日記

しものネット生活

~ネトラレ~ 普通の素人カップル

四国は香川のアートな緊縛・縛り

しゃちの気まぐれブログ

考える性戯

妻大好き!

amateur japanese wife sex

妻をつまみに

desire Gs  ~妻との性記録~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる