FC2ブログ
C360_2013-12-23-07-04-26-820.jpg

荒川ダムの公園

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

板敷渓谷「大滝」2

DSC_0270.jpg
おお、み~ちゃんのエンジンがかかったみたいです。
ニコニコしながらコートとパンツを脱いじゃいましたね。(^O^)

DSC_0271.jpg
撮影場所に向かってスタンバイ
いや~近頃お尻がタプタプに育ってますね。

DSC_0272.jpg
滝をバックにハイポーズ(^O^)、のつもりですが
寒くて力が入っちゃってます。

DSC_0273.jpg
もう一枚頑張って~

DSC_0274_2017020305221751b.jpg
横向いて~
けど、み~ちゃんも寒さに耐えるのが精いっぱいで、ポージングどころではないようです。

DSC_0276_201702030522185a2.jpg
この写真を収めて、もう勘弁してあげましょう。
内心全裸撮影したかったのですが、割と道路からも近くていつ人がくるかとドキドキなので

これにて撤収~
お疲れ様でした(^O^)/

tag : 山梨 板敷渓谷 大滝

板敷渓谷「白髪滝」「大滝」

仙娥滝を後にして次は大滝を目指しました。

大滝は荒川ダムの上流「板敷渓谷」にあります。
板敷渓谷に行くには荒川ダムを横切った橋を渡って直ぐ左に駐車場があります。


この駐車場から道路を歩いて500mくらい歩いた所が渓谷の入り口です。

DSC_0249.jpg
一つトンネルを抜けて、二つ目のトンネルの手前ですよ。

DSC_0250_201702020903338a3.jpg
ここを下って行きます、この橋の下にも

DSC_0252_20170202090334b86.jpg
これが「白髪滝」だそうです。
ここへは降りられそうにありません。

遊歩道があるのでそのまま上に向かいます。
DSC_0253.jpg

紅葉か初夏の頃ならもっと景色が良いのでしょう(^_-)

DSC_0265.jpg
他に誰も居無さそうなので、み~ちゃんサービス

目指す大滝は道路から300mも歩いたかな?
すぐそこでした。
mDSC_8959.jpg

残念光りの当たり具合が上下別れちゃって、上手く写せませんでした。

DSC_0266.jpg
もう一回滝の前でバー(^_-)-☆

DSC_0269.jpg
パンツを下げて準備
キョロキョロ周りを確認して

DSC_0268.jpg
はい、どうぞ(^o^)/


tag : 山梨 板敷渓谷 大滝 白髪滝

昇仙峡5「仙娥滝」

とりあえず滝までの茶屋とかを端折ってダイレクトに滝へ
DSC_0229.jpg

写真ではあまり伝わりませんが、結構迫力のある大きな滝なんですよ。

DSC_0232.jpg
仙娥とは中国の月に登った仙女のことで、月の女神を表すそうです。

滝のマイナスイオンを満喫してしっかり体も冷え切ってきたので前に進みます。

DSC_0236_20170201061430013.jpg
石門です。
ただ岩をくりぬいたトンネルではありません
二つの岩が寄り添ってトンネルのように見えてるんです。
DSC_0237.jpg
二つの岩は微妙に隙間があるんですよ(^O^)/

mDSC_8949_201702010856361ae.jpg
落ち葉がいっぱい流れててちょっと汚い感じですが、水は澄んでとっても綺麗ですよ。

mDSC_8952.jpg
岩肌を削って造られた遊歩道

mDSC_8954_20170201085640c9e.jpg
なぜか遊歩道の岩の隙間には1円玉がいっぱい刺さってました。
なにか、いわれがあるんでしょうか。

DSC_0244.jpg
途中でUターンして元来た道を帰って
水晶のお堂がありました。

DSC_0247.jpg
日本一の水晶玉だそうです。
その後ろにはお不動さまかな、

お堂も仏像も綺麗なので新しく建てられたパワースポットなんでしょうかね。

滝の茶屋「橋本屋」さんで
mDSC_8956.jpg
餅粉で作ったカレーパンとお向かいのお店で「ほうとう饅頭」をゲット

DSC_0248.jpg
カレーパンと言うよりはカレーの入った揚げ餅って感じ、美味しかったですよ。

ほうとう饅頭は上にカボチャが乗っかったかわいい、おやきでした。

メッチャ冷え冷えの身体に温かい食べ物が嬉しい限りでした(*^。^*)

tag : 山梨 昇仙峡 仙娥滝 橋本屋 カレーパン

昇仙峡4

DSC_0226.jpg
車はそのまま置いて
徒歩で仙娥滝へ向かいます。

まず目に付いたのがこれ「世界最大級水晶原石」
この後ろは「水晶博物館クリスタルサウンド」です。

2017年1月現在は入場無料キャンペーン期間中だそうです。
ここ昇仙峡は水晶の産地として開発されたところなんですね。

周りにも水晶や他の宝石を売っているお店がいっぱいありますよ。

けれど光物に興味の無い二人は記念撮影のみこなして先にすすみます。

DSC_0227.jpg
夫婦木神社」姫の宮です。
白い大鳥居に惹かれて寄ってみたのですが、安産や婦人病など女性にご利益のある神様らしいです。

300円の拝観料を払うと中に入れるのですが、なんだかよく解らないのでスルーしました
後で調べたら、中には
女性器の形をしたご神木が祀られていて、木造の『アメノウズメ』の彫刻の下に摩ればご利益のあるオチンチンが着いた像とかが見れたらしいです。
またこの神社は上社、下社が対になっていてこちらが下社で、2Kmほど登った所に上社の『夫婦木神社』があって
こちらのご神木は、中が朽ちて空洞になった大木の中を枝が下に向かって伸びて
おちんちんが木の中にぶら下がっているようになってるそうです
そのオチンチンの大きさが直径2m長さ6mほどらしいですよ

今度行くときは予定に入れなくちゃ(^o^)/

DSC_0228.jpg
なんだかんだ言いながら歩いていると滝の入り口に到着しちゃいました。

いっぱい文字書いちゃったので今回はここで区切り次回が滝見物にします。

tag : 山梨 昇仙峡 水晶博物館クリスタルサウンド 夫婦木神社

検索フォーム
アクセスカウンター
デートしたい人
現在の閲覧者数:
プロフィール

ひで

Author:ひで
ひで50代、み~ちゃん40代ヽ(;▽;)ノ
近頃み~ちゃんにおじいちゃんって・・・・

今は混浴露天風呂、温泉にハマってます。

私たちと同じように彼女、奥様と楽しいデートをされている方達とのコミュニケーションができたらいいな~
コメント、ブロ友申請お待ちしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

Asamiの日記

お洒落だなと想うこと 混浴編

ホニャララ日記(another side)

放蕩記

隊長の散歩道

だいすきなレイに…again

Erotic diary of Sakura

愛妻覚え書き

おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

現在過去未来

未知への軌跡 【混浴・滝巡り・露出そして・・・】

熟女『夕莉』のアナル

混浴みう散歩

ひとみの誘惑

風景を眺めて

絆☆遊誠会

ねこ日和

我が家の熟妻お遊び(思い出)

人妻Mikuのちょっとエッチな日常

もののふのへや

彼女がいる風景 ~Second Season~

スリルとドキドキするような刺激を求めて・・

アブノーマルなLOVEライフ

おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

Rippleのお出かけ日記

SとKの交換日記

しものネット生活

~ネトラレ~ 普通の素人カップル

四国は香川のアートな緊縛・縛り

考える性戯

夫婦の時間

妻大好き!

amateur japanese wife sex

妻をつまみに
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる